ボイストレーニング

その疑問、答え出てます。「声帯の仕組みを理解すれば高音発声できる?」

アイキャッチ画像
こんにちは、トシハルです。

声帯の仕組みって、かなり複雑ですけど面白いですよね。

その中でも、よく話題に出るのが高音発声に関する声帯の話。

でもこの話を勘違いしてる人が非常に多く、今でも多くのトレーナーが間違った知識を教えています。

僕も高音が出せるようになりたい一心で、声帯に関する勉強をしましたが、それで高音が出せるようになんてならなかったです。

だって声帯を自分でコントロールすることは、現時点では不可能ですから。

この記事を読めば、高音発声や声帯の仕組みを理解でき、トレーナーが正しい知識を持っているか見抜く方法もわかっちゃいます!

スポンサーリンク

声帯から高音が出る仕組み

ここでいう高音とは、地声的に聴こえる発声での高音域のことです。

みなさんが高音を出したいって言うときは大抵こちらの意味合いだと思いますので、その前提で話をします。

歌をやってる人なら、少なくとも1回ぐらいは声帯に関する勉強や、話を聞いたことがあると思います。

そこから生まれたのが、こんな理論。

「高音を出すときは声帯を閉じる」

「声帯はギターの弦と同じ理屈だから、引っ張って伸ばせば高音が出る」

なんかそれっぽく聞こえますよね。

実際にもう多くの人が知っていることだと思います。

でもそれと同時に気づいてるはずです。

それを知ったからと言って、高音発声ができるようにはならないことを。

では、なぜ仕組みを知っても高音が出ないのか、仕組みのおさらいと共に説明します。

声帯筋の仕組み

声帯はそもそも自分の意識で動かせません。不随意筋(ふずいいきん)と呼ばれる、心臓の筋肉とかと同じものです。

はい、ここで早くも1つ大ウソを発見!

「高音は声帯を閉じて後ろに引っ張るんだ。こういうふうにイメージして……ア〜〜」とか言ってる人がいたら、その人はアンドロイドかなんかでしょう。

不随意筋を自分の意思で動かせるのは人間ではないです。笑

僕はこんなイメージボイトレに騙され、何年も無駄にしてしまいました。

皆さんは気をつけてくださいね!

TAとCTの役割

声帯は自分で動くことができないため、周りの声帯筋と呼ばれるいくつかの筋肉達によって動きをサポートしてもらってます。

その中でも、高音発声に関係が深い筋肉がTA(甲状披裂筋)とCT(輪状甲状筋)です。

この筋肉達も限りなく不随意筋に近いです。

CTは声帯を引っ張る役割で、音程をコントロールするために必要な筋肉です。

高い音を出すときは、CTに力が入って声帯を引っ張ります。

逆に声帯を緩めてやると、低い音になります。

ここはギターと同じですね。

しかし、TAは声帯に張りを作り、縮めようとする働きをします。

ここでギターと声帯の違いが起こるのです。

低音の場合、TAに力が入れば声帯が縮まろうとするので、地声的な発声になります。

このとき、CTは緩まっています。

だんだん音が高くなるにつれてCTが優勢になり、TAは徐々に弱まっていきます。

CTが強くなってTAの力が弱まると、いわゆる裏声になります。

このとき、CTには力が入って声帯が伸び、高音が出ます。

TAとCTは引っ張り合う

あれ、ここで疑問がわいてきますね?

TAの力が弱いとき、CTに力が入って声帯が伸びているのに、どうして裏声になってしまうの?

地声の高音域を出す時は声帯を引っ張って出すんじゃないの?

そうなんです。

ただ声帯が伸びているだけでは、地声的な高音発声はできません。

ではどうすれば地声的な高音発声ができるのか?

それは、TAとCTをバランスよく引っ張り合わせることです。

CTは声帯を伸ばす働きをするし、高音を出すためには声帯は伸びなければいけません。

しかし、そこに地声的な張りを作るためにはTAが縮もうとする力を利用して、お互いが引っ張り合うようにする必要があります。

このバランスをうまく使えると、地声的な高音発声=ミックスボイスが出来上がるというわけです。

いや〜人間の体ってすごい!

そしてこれを発見した人もすごいね!

ではこのバランスを、どうやって作っていけば良いのでしょうか?

良いトレーナーのボイトレを受ける

これに尽きると思います。

高音発声の1番の近道は、正しい知識と技術を持った良いボイストレーナーに教わること。

日本にいるトレーナーや先生のうち、発声に関して中途半端な知識しかない、もしくは無知なトレーナーが9割5分ぐらいだと思います。

それぐらい日本の発声は遅れていて、かつ自分の教わってきた発声が正しいと信じ込んでいます。

そしてその発声を、効果が出ないのに辛抱強く何年も練習できてしまうのです。

真面目な日本人ならではですね。

しかしこの記事を読んだ皆さんならもう大丈夫です。

正しい知識を持った良いトレーナーの見分け方を知っています。

「声帯の仕組みを理解し、発声バランスを安全に整えられる人」

これがクリアできていれば、少なくとも歌が上手いだけの無知なトレーナーにボイトレを教わるより100倍良いでしょう。

高音発声は抽象的なイメージではなく、正しい知識と技術によって作られます。

それを忘れないようにしましょう。

まとめ

今回は、声帯の仕組みを理解し、イメージすれば高音が出せる?という疑問について解説しました。

結論としては、イメージしても地声的な高音発声はできません。

高音発声をするために必要なのは以下の通り。

  • TAとCTをバランス良く釣り合わせる
  • 正しい知識と技術を持ったボイストレーナーに教わる

これがまず第1歩です!

高音発声ができない要因は他にもたくさんありますが、それは他の記事でも解説しているので読んでみてください。

僕と同じ失敗をしないためにも、皆さんは正しい知識を身につけて良いトレーナーを選び、正しい発声を手に入れましょう!

タイトルとURLをコピーしました