ボイストレーニング

【高音で声が裏返る原因とは?】理由と対策を科学的に解説します

アイキャッチ画像
こんにちは、トシハルです。

発声の問題点として多くの人が悩まされているのが、高音に上がっていくと声が裏返ってしまうことです。

意図しないところで突然裏返ったり、サビの1番盛り上がるところで裏返ったりして嫌ですよね。

僕も長年これに悩まされていて、今まで何回も失敗してきました。

特に人前に出て緊張したりなんかすると、余計に裏返りやすくなったり。

しかし声が裏返る原理を知り、正しいボイトレを続けることでかなり改善されました。

今では地声と裏声がつながりやすくなったので、ひっくり返ることも格段に少なくなりました。

この記事では、高音でなぜ裏返ってしまうのか、その理由と対策を解説します。

スポンサーリンク

裏返りは急激なバランスの変化

声が裏返ってしまう原因は、TAからCTに力のバランスを移行させる際に、急激にバランスが変化してしまうことで起こると言われています。

TAとCTがわからない方はまずこちらの記事を読んでみてください。

声帯の筋肉【甲状披裂筋と輪状甲状筋】TAとCTについて解説
皆さんはボイトレをするとき、声帯の動きをイメージしながら練習できていますか?もしイメージができていないなら、練習効率が悪くなっているかもしれません。この記事では、声帯の筋肉【甲状披裂筋と輪状甲状筋】TAとCTについて解説します。

TAとCTのパワーバランスは音程によって変化します。

低いところはTAが強く、CTが弱い。

高いところはCTが強く、TAが弱い。

このバランスがどの音程でもちょうどよく釣り合う状態にできると、いわゆるミックスボイスが出来上がります。

(釣り合うとは50%同士ではなく、ちょうどよく引っ張り合うバランスのことです。)

これが高音でもTAが強すぎると、高音に差しかかったとき徐々にCTにバランスを移行できず、ほぼTAだけの力で耐えてる状態です

TAで限界まで音程を上げようとして耐えられなくなると、一気にCTのパワーバランスが優勢になる。

すると突然抜けたような弱々しい声になる。

それが裏返るという現象です。

裏返る原因は人それぞれ

声が裏返ってしまう原因は人それぞれで、いろいろあります。

中でも多いのが上記のTAが強すぎるまま高音に上がった場合。

これは声を押してる、声が重いなんて言い方もします。

声のボリュームが大き過ぎたり、身体のいろんなところに力が入ってたりすると押してしまう傾向があります。

この状態ではスムーズにミックスにつなげることができません。

他にも口の開け方や形、舌に力が入ったり姿勢が悪いなど、考えられる要因はいくつもあります。

しかし、ほとんどは声帯と周辺の筋肉の使い方の問題によるところが大きく、これを改善することで裏返りは直すことができます。

裏返りの対策はボイトレ

どうやって裏返りを直すかというと、ボイトレによって声帯や声帯周辺の筋肉の使い方を変えていきます。

でも声帯とかそんな見えない部分を、どうやってボイトレで直すのか疑問ですよね。

実は優れたボイストレーナーはその人の声と、口の開け方や喉仏の位置、骨格などからどんな原因があるのかを見つけます。

そしてその問題に対して、どのエクササイズが有効かを判断し、適切なものを選んでトレーニングしていきます。

優秀なトレーナーであればあるほど、より短い期間で効果が出るエクササイズを選ぶことができます。

スゴくないですか?

恐るべき知識と耳の持ち主!

優れたトレーナーを見つけるのは大変ですが、こればかりはたくさん勉強して自分で見つけるしかありません。

僕も長い間勉強してようやく見つけたこのボイトレによって、ミックスボイスを習得しつつあります。

裏返りは音域が狭いから→音域は生まれつき→低い歌しか歌えない

と思っている方は、安心してください。

頑張ればちゃんと直りますよっ!

まとめ

今回は、高音で裏返ってしまう理由と対策を解説しました。

高音で裏返る理由はいくつかあります。

中でも多いのが声帯と周辺の筋肉の使い方が悪いために、TAからCTにうまくつなげないことです。

それを改善するには正しいボイトレが不可欠で、適切なエクササイズを続ければ裏返り癖を直すことができます。

自分には才能がないとすぐ諦めずに、勉強と努力を続けてもうすこし頑張ってみましょう。

きっといい未来が待ってますよ!

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました