ボイストレーニング

高音を出したい男性が、頭に入れておきたいこと4つ

アイキャッチ画像
こんにちは、トシハルです。

最近は男性歌手の音域がどんどん高くなってきて、ワンオクの曲なんて女子でも高くて歌えない人がいるぐらいです。

そうなると、男性がプロ歌手になるには必然的に高い声を出せることが最低条件になり、そういう人が売れる傾向にあります。

でも男性が高い声で歌うというのはなかなか大変で、音域が低いことで悩んでいいる方も多いのではないでしょうか?

僕も以前は地声のトーンで出せる音域が低く、E4〜F4ぐらいの高さが限界でした。

でも正しいトレーニングを積んでいくうちに、徐々にミックスされてつながるようになったんです。

今ではA4の高さでも、芯のある声を軽く出せるようになりました。

ここまで成長できた過程で、高音を出したい男性はこれを頭に入れておくといいよ〜っていうのを自分なりに見つけたので、紹介します。

男性は特にですが、女性にも役に立つのでぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

自分の発声タイプを知る

まずは自分の発声タイプを知ることから始めましょう。

人には発声の癖があり、大きく分けて4タイプあります。

①張り上げ

②ひっくり返る

③地声が無い、弱い

④喉頭が高い(ハイラリ)

日本人の多くは、①と②と④のタイプが混合しています。

低い音から高い音にいくときにチェストが強すぎて声を張り上げ①、耐えきれなくて高音でひっくり返り②、弱々しい裏声になる。

このときの声質は詰まった苦しそうな声④。

典型的なテンプレですね(笑)

僕もまさにこの混合タイプでした!

自分の発声タイプを知ることで、歌うときの注意点やトレーニング方法もわかりやすくなります。

発声タイプについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事へ

すぐわかる!発声の4タイプ診断で自分の癖を知ろう

高音を力で押さない

男性は女性に比べて筋力があるためか、高音を力で押そうとする人が多いです。

プロの男性歌手がハイトーンをパワフルに歌ってるのを見て、それに影響を受けていることも大いにあると思います。

僕の専門学校時代は、そんな人達で溢れていました(笑)

しかし、男性がB4やC4を常に出そうと思ったら、力で押していては絶対に無理が生じます。

パワフルな高音は力ではなく技術です。

その技術というのがミックスボイスであったり、ベルティングだったり。

歌手はいかに楽な力でパワフル感を出せるかが勝負。

なんたって歌手の仕事は長丁場ですからね。

そのためには無理のない発声と、充実した音響設備やスタッフさんが必要不可欠です。

それがあってこそ、あのパワフルな歌声が作られていることを覚えておきましょう。

軽い声で歌ってみよう

高音が出ない男性の多くは張り上げてひっくり返るので、まずは軽い声で歌ってみると良いかもしれません。

サビで盛り上げるために、声量を上げて歌うのが基本ですよね。

それをいったんやめて、高いところを軽く歌ってみてください

ボリュームを抑えることで、張り上げて重くなってしまうのを防ぐ効果があります。

そのときに、軽く小さな声で歌うとひっくり返ってうまく歌えない人いると思います。

なぜわかるかって?

僕もそうだったし、多くの人がそうだからです。笑

おそらくTAが強すぎてCTにバランスを上手く移行できないのか、CTが弱すぎる可能性があります。

軽く歌うのを続けることで、いくらか改善されると思うので、やる価値ありです。

地声が高い人も発声練習

声変わりが終わっても話し声が高く、地声感覚でハイトーンが出ちゃう人いますよね。

ウーバーとかワンオクも頑張ればギリギリ歌えるよ〜みたいな感じかな。

そういう地声が高い人は注意が必要です。

なぜなら、薄っぺらくてキンキンする声で満足してしまう可能性があるからです。

もともと声が高い人は割とミックスの感覚をつかむのが上手いのですが、そのミックスをさらに進化させることを忘れてしまいがちです。

つまり地声感覚で頑張れば高いほうまで出せちゃうため、「自分はハイトーンで歌えてる」と過信してしまいます。

実際にピッチは当たっているし地声感もありますが、その声は薄くてキンキンし、鳴っていないために声量も小さいです。

いくら地声感覚で高いのが出るからといって、その声の聴き心地が良くなかったり、1〜2時間のライブでもたなかったら意味がないです。

なので、もともと地声が高い人も同じように毎日発声練習は続けるようにしましょう。

ミックスボイスの精度が上がれば、さらに上のレベルに進むことができますよ!

まとめ

今回は、高音を出したい男性が頭に入れておきたいこと4つを紹介しました。

プロ歌手のようにハイトーンを出せる人はカッコいいですね!

もし今出せないなら、この4つを頭に入れて実践してみるといいでしょう。

・発声タイプを知る

・高音を力で押さない

・軽い声で歌ってみる

・地声が高い人も発声練習する

これを知ってるのと知らないのでは、かなり差をつけることができます。

自分は高い声が出せないんだと嘆くことなく、日々努力をしていきましょう!

僕も毎日頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました