ボイストレーニング

【科学的証明】腹式呼吸ができても高音は歌えない理由(仕組みも解説)

アイキャッチ
こんにちは、トシハルです。

腹式呼吸という言葉は今や、だれでも知っていますよね。

だからこそ、さまざまな情報が出回り、講師によって解釈や教え方が違います。

僕も多くのボイトレを受けましたが、先生によって腹式呼吸の考え方が違い、どれが正しいのかわかりませんでした。

しかしあるとき、医学や科学的な観点から腹式呼吸について書かれている本を読み、悩みは解決しました。

腹式呼吸そのものは、高音が出せることとはあまり関係がなかったのです。

この記事では、腹式呼吸の概要と、腹式呼吸に関するさまざまな誤解について説明します。

この記事の内容を動画でも説明しました。

こちらを見ていただいてから記事を読むと頭に残るので効果的です。

歌が上手くなりたいなら腹式呼吸の練習は今すぐやめよう【4時限目】
スポンサーリンク

腹式呼吸の概要

呼吸の方法には、日常的に行う二つの方法があります。

胸式呼吸

走っているときの呼吸はこれがメインです。

胸式呼吸は体内に酸素を早く取り入れるために、素早く浅く呼吸をすることに優れています。

息が苦しいときに、肩が上がったり胸が動いたりする呼吸になりますが、それが胸式呼吸です

腹式呼吸  

安静時に多く見られ、寝ているときはこの呼吸法に自然となっています。

息を吐くと横隔膜が上がり、肺の体積が少なくなる。

すると大気圧に対して肺の圧力が下がり、お腹の力を抜くと自然に空気が肺に流れ込んでいきます。

この呼吸を腹式呼吸といいます。

歌で使う呼吸法はできれば腹式

とりあえず定義のようなものを書きましたが、じゃあ一体どっちが歌を歌うときに適しているのかというと、腹式呼吸です。

腹式呼吸が出来るようになると、息のコントロールが身につき、歌が安定します。

息のコントロールができると、ロングトーンも多少は息が続くようになります。

首や胸、肩などに力が入りづらくなるため、発声に問題も起きづらいです。

胸式呼吸だと、胸や肩が動いてしまうので声や息が安定せず、歌いづらくなってしまう可能性があります。

お腹を膨らませようとしてはいけない

お腹を膨らませて呼吸しなさいと教わった人もいると思います。

でも、理解のしかたを間違えないでください。

お腹は自然に膨らむものです。

のんびり寝っころがっているときに、意識的に「腹式呼吸しよう!」とは考えないですよね。

空気は勝手に入ってくるものだから吸おうとしてはいけないのです。

空気がなぜ肺に入るのかというと、空気は圧力の低い方へ流れるからです(中学生ぐらいの時に習ったボイルの法則と同じ

息を吐き切った後に、お腹の力を抜けば勝手に空気が入り込むので、吸うぞ!と意識しなくても呼吸できます。

息を吸おうとして無駄な力が入ってしまうと、肩が上がって胸式呼吸になったり、浅い呼吸しかできなくなってしまいます。

なので腹式呼吸の原則は、息を吸いたいタイミングで力を抜く。

すると勝手に空気が入り込むので、次のフレーズに入る。というのが自然な腹式呼吸です。

吸う量は適切に

限界まで吸ってしまうと、歌に悪影響が出ます。

たくさん吸ったことが原因で、肺の体積が大きくなるので圧力が上がり、体が早く息を吐きたくなります。

その結果、一言目で大量の息を吐いてしまうため、コントロールができず不安定になります。

また、長いフレーズやロングトーンで、息が続かない原因にもなってしまうのです。

「慣れてないからだよ」とか「練習すれば出来るようになる」と講師に言われると、そうなのかな〜と信じてしまいがちです。

しかし、歌いにくい歌唱法に正しいものはありません

間違った癖を直すために行うエクササイズでは、正しい方法でも歌いにくく感じることがあります。)

腹式呼吸で高音は出せるようにならない

「高い声を出すにはお腹に力を入れて、息のスピードを速めなさい。そのために腹式呼吸が必要なの」

こんなこと言われた人多いのではないでしょうか?

実は腹式呼吸と高音発声は関係ありません。

地声に聴こえる高音を出すには声帯周辺の筋肉が発達していることと、バランスが整っていることが条件です。

生まれつきの声帯の大きさや硬さ、骨格も関係します。

著しく呼吸に問題があれば別ですが、余計な力が入ってなく、発声に支障がなければ別にどんな呼吸だっていいんです。

ワンオクのタカさんやB’zの稲葉さんも腹式呼吸しないで歌うことは多いです。

ライブ映像を見ればわかりますが、動きながら歌ったり、肩や胸を動かして呼吸しているシーンがよくあります。

もし腹式呼吸ができないと高音発声ができないなら、この世のハイトーンシンガーは腹式呼吸しやすいように、一歩も動かない人しか存在しなくなってしまいます。

腹式呼吸ができても声量は変わらない

よくお腹から声を出すといいますが、声は声帯からしか出ません。

腹筋を使って横隔膜を押し上げ、息を送ることはできますが、常にこんな出し方をしたら喉を傷めます。

不勉強なボイトレスクールに通うと、初めによく言われるやつですね。

もしこんな事を言うボイストレーナーがいたら、発声面はその人から教わるのをやめたほうがいいです。

声量がある人は、共鳴腔の大きさと、それを上手に共鳴させる技術があるからです。

そこまでの技術がある人は、歌は息のコントロールも重要だと知っているので、腹式呼吸を練習していたんです。

一時的に高い声や声量が出てしまう罠

ただし、お腹で空気を押せば一時的に声が大きくなったり、高い声がでるようになったりしてしまうのです。 

少しだけ効果が出てしまうのが、大きな落とし穴なんです!

強い息を声帯に送れば、大量の息を声に変換しなければいけないため、声帯は必要以上に強く閉鎖しようとします。

閉鎖が強ければ仕組み上高音は出ますし、大きな声はだせますが、声帯へのプレッシャーが非常に強くなってしまいます。

結果的に喉を傷め、1~2曲で声がかすれ、マイクのノリが悪くなります。

聴き心地も悪く、良いことが何もありません。

なので、声量を上げるためにおいては、腹式呼吸は重要ではありません。

まとめ

今回は、腹式呼吸にまつわる様々な誤解を解説しました。

このように、腹式呼吸に関する誤解は多く、講師でさえも間違っていることがあります。

これを知らずに信じて練習してしまうと、上達が遅くなってしまう原因になります。

今日からは、腹式呼吸は息のコントロールをするためのテクニックと理解してください。

歌には必要な技術なので、ブレストレーニングやったことない人は数回だけやってみましょう。

練習の仕方はこの記事にて紹介しています。

歌声を安定させる!ブレストレーニングの練習法
腹式呼吸っていざ歌うときになると、できなくなってしまう人は多いのではないでしょうか?歌うことを楽にするために、ブレストレーニングをすることが重要です。この記事では、ブレストレーニングの練習方法をいくつか紹介したいと思います。

これからは腹式呼吸にとらわれ過ぎないで、歌の練習に時間を使ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました