ボイストレーニング

息を強くしても高い声は出ません。【高い声が出る仕組み】を解説

アイキャッチ
こんにちは、トシハルです。

高い声を地声のように出すって憧れますよね。

でも、上手く出せずに悩んでいる人は多いと思います。

僕も高音が苦手だったのですが、ボイトレの先生に「腹式呼吸ができてないから、高音を出すための息のスピードが遅い」とよく言われました。

でも、いくら強い息を出しても高音は出なかったです。

しかし、本やネットで勉強したり、ある先生に習うことで、息を強くしても高音はでないことがわかりました。

それからは、音域が広がり、声質も良くなりました。

この記事では、高い声が出る仕組みを解説します。

これを読めば、強い息を送れば高音域が出るというのは、間違いだということを科学的に理解できます。

スポンサーリンク

強い息を送るのはNG

ボイトレスクールで、「腹式呼吸をマスターし、お腹から強い息を送れるようになりなさい。そうすれば、地声の高音域が出るようになる」と教えている講師がよくいます。

はっきり言うと、これは間違いです!!

この間違いに気づかずに強い息を送り続けていると、声帯に負担がかかり、痛めてしまう原因になります。

声帯というのは、息を送り、振動(開閉)させることで声になります。

声を出そうとして息を送ると、声帯を閉じようとする力が働きます。

そこに強い息を送るとどうなるか?

強い息に対抗して声、声帯を強く閉じてしまいます。

その結果、声帯が効率よく運動することができず、パワーが出ないので張り上げるしかなくなります。

ピッチはフラットするし、喉を痛めたり、ポリープの原因になってしまいます。

実際に僕ものどを痛めてしまったことが何回もあります。

高い声が出る仕組みを知ろう

高い声が出る原理を解説します。

この地球上で、音の高さを決めているのは振動の速さです。

振動の速さを決める要素はつぎの3つです。

  1. 長さ
  2. 太さ、厚み
  3. 重さ

ギターの弦をチューニングする時、引っ張ると高くなりますし、細い弦ほど高くなります。

重さは単純に細い弦の方が軽いですね。

声帯も同じく高音では前後に伸び、厚みは薄くなります。

男性より女性の方がサイズが小さいので、軽いから声が高い。

高い声が出る仕組みは、こんな感じと思ってもらえれば良いです。

原理的にはみんな知っているはずなのに、声帯だと別物と考えてしまう人が多いんですよねー。

強い息で声帯を速く振動させる?

息で声帯を振動させてるのなら、強い息を出せば声帯の振動数は上がるのでは?と考える人がいます。

実際に強い息を出せば、ムリやり振動数を上げることができるのは事実です。

半音か全音ぐらいは高い声が出るようになるでしょう。

しかし発声において大事なのは、結果だけではなく理由が重要です。

「強い息を送ったこと」が、高い声が出るようになったのではありません。

「強い息に対抗し、声帯をムリやり締め上げ、引っ張ること」が理由で出たのです。

ムリヤリ出したその声は自在にコントロールすることができますか?

おそらく、大きい声でしか地声高音域は出せないと思います。

ギターに例えるなら、弦をいくら強く弾いたところで、大きい音は出ますが高い音は出ませんよね。(ひずみでほんの少し高い音は出るかも)

声帯も同じで、いくら強い息を当てても振動数は増えないので、大きい声は出ても高い声は出ません。

息が強すぎて高い声が出ない人の特徴

息が強すぎる人の、分かりやすい傾向があります。

①大きい声でしか地声高音域が出せない

②声はでかいけど心地良くない

③ロングトーンが続かない

④すぐに声が枯れる、喉が痛くなる

⑤ひっくり返り傾向が強い

⑥マイクにポップノイズ(息の音がマイクに入り、ボンッと鳴る)がよく入る

こんな感じですかね。当てはまってる方は多いのではないでしょうか?

要因は強すぎる息だけではありませんが、重要な要素であることは間違いないです。

もし自分が当てはまってるなら、まずは息も声量も抑えめにして、小さい声でちゃんと歌えるように練習してみましょう。

僕もそこに苦労しましたが、ずっと練習して小さい声で歌えた瞬間に、こんな楽に歌えるのかと感動しました。

ぜひその感動を皆さんにも味わってもらいたいです。

もちろん次の段階では、高音で大きい声量を出しても楽に歌えるようにトレーニングしていきます。

まず最初の一歩として、小さい声で高音が歌えるようになりましょう。

まとめ

今回は、息を強くしても高音は出ない理由について説明しました。

先生に言われたからといって、強い息を送ってはいけないのがわかったと思います。

「地声高音域を正しく出すためには、声帯の使い方と適切な息の量が重要」というのが正しい解釈です。

これができればピッチも安定するし、音域も広がり、パワー感も出ます。

今日から強すぎる息を送るのはやめましょう。

タイトルとURLをコピーしました