ボーカルテクニック

ビブラートの種類と使う時の注意点【5分でできる練習法も解説】

アイキャッチ画像
こんにちは、トシハルです。

歌を始めたばかりの頃、テクニックとして最初に思いつくのがビブラートって人は多いのではないでしょうか?

でも始めはなかなか上手く揺らせないですよね。

かけようと思っても揺らし方がわからず、不自然なビブラートになってしまいます。

僕も最初はビブラートができず不安定でしたが、ある練習をすることで簡単にできるようになりました。

ビブラートを使えれば、表現の幅が広がり、より効果的に感情を伝えることができます。

この記事では、ビブラートの種類と使う時の注意点を解説します。

「1日5分でできる」ビブラートの練習法も紹介してるので、試してみてください。

スポンサーリンク

ビブラートの種類

ビブラートのかけ方にはいくつか種類があり、一般的なものでは「音程変化」によるビブラートと、「音量(音圧)変化」によるビブラートがあります。

音程変化のビブラートは、例えばC(ド)とC♯を交互に出し、その間隔を速くしていけばビブラートになります。

音量変化のビブラートは、音の高さは変えず、音量を変化させてかけるビブラートです。

音量変化のビブラート練習方法

まずは揺らす感覚を掴むために、音量変化のビブラートを練習してみましょう。

お腹に手をグーにして当てて、「あーーー」と声を出しながら好きな間隔でお腹を押してみてください。

声が揺れるはずです。(気持ち悪くならない程度に押しましょう。笑)

ここで揺れる感覚を掴んだら、次は「あーーー」と10秒間声を出します。

最初の5秒はお腹を手で押して揺らして、残りの5秒は手を使わずに揺らしてみましょう。

揺らす際にピッチが変わらないように注意してください。

練習すれば必ず出来るようになります。

音程変化のビブラート練習方法

音量変化が出来るようになったら、次は音程変化のビブラートの練習です。

まずは自分の出しやすい高さで声を出してみましょう。

例えばC4の高さが出しやすいなら、C♯を出した後Cを出して半音変化させます。

鍵盤で音を確認しながらやってみて下さい。

音が確認できたら人差し指を前に出し、下げた時にC、上げたらC♯を出すようにして人差し指と一緒に声を揺らしてみましょう。

初めはゆっくり半音移動を繰り返し、慣れてきたら間隔を速くしていきましょう。

ちなみに音程の幅が大きいと、演歌のようなビブラートになります。

ビブラートの幅をコントロール

ビブラートの幅は大事な要素で、幅によって聞き手に与える印象が変わります。

間隔が狭い場合

疾走感がある

アップテンポでよく使う

狭すぎると聴き心地が良くない

間隔が広い場合

ゆったりした感じ

切なさを出したりもできる

演歌やビジュアル系でよく使う

広すぎると聴き心地が良くない

幅をコントロールすることで、これだけ印象が変わります。

自分がなりたいイメージに合わせて、使い分けられるように練習しましょう。

ビブラートを使う上での注意点

ここで1つ注意点があります。

ビブラートが出来るようになったばかりの人や、歌の技術だけが優れている人に多いのが、フレーズのあらゆるところで声を揺らしてしまうことです。

そうすると変化があまりつけられないし、技術的に聞こえてしまいます。

そもそもビブラートは、バラードで切なさや柔らかさを表現したい部分で使ったり、アップテンポでの疾走感、パワー感を表現する時に使うものです。

伸びやかに聴かせたり、変化をつけたいときはノンビブラートにする(ビブラートを入れない)ことも大事です。

あまり多用しすぎるとくどくなってしまうので、歌手の歌をよく聞いて研究してみましょう。

まとめ

今回は、ビブラートの種類とそれぞれの練習法を紹介しました。

最初は難しいと感じると思いますし、1日や2日ではできません。

しかし毎日5分練習すれば必ずできるようになります。

慣れてきたら、自由自在にまっすぐ伸ばしたり揺らしたり、間隔や波の大きさをコントロール出来るようになります。

ビブラートを使えるようになれば、表現の幅が広がりますよ。

ぜひ練習してみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました