ボーカルテクニック

歌うときにピッチがズレる2つの原因と対策【トレーニング法も解説】

アイキャッチ画像
こんにちは、トシハルです。

ちゃんと歌ってるつもりでも、録音を聴き返すとピッチ(音程)がズレてたってことはありませんか?

ピッチがずれる原因は主に2つあるのですが、どちらもピッチを合わせるために重要なのに、意外と知られていないんですね。

そこでこの記事では、歌うときにピッチがズレる2つの原因と対策を解説します。

そのあとでトレーニング法も解説するので、ピッチに悩んでいる方はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

 ピッチがズレる原因

ピッチがズレる原因は大きく分けて2つあります。

①音感によるズレ

②発声によるズレ

それぞれ説明します。

音感によるズレ

歌っているときはそんな感じないけど、後で録音を聴き返すとピッチが悪い。

こういうことはありませんか?

これは音感が鍛えられていないことでよく起こります。

音感が良い人は歌っててズレたら気づきますし、例え気づかなくても、「後で聴くとほんの少し低い・高い」ぐらいです。

でも音感が悪い人は、歌っててズレてるのに全く気づかないんですね。

歌っていて自分のズレに気付けるかどうかは、ピッチにかなり影響が出ます。

なぜならズレたときに一瞬で修正出来るからです。

なのでピッチを良くしたいなら、音感を徹底的に鍛えましょう。

音感を鍛える方法は後述します。

発声によるズレ

子供の頃にピアノを習っていたりすると、音感が身についてて、ピッチが良いことが多いです。

しかし良い音感の割には、ピッチがよくない人はいます。なぜでしょうか?

それは、ピッチをコントロールするのが声帯だからです。

楽器であれば、音質にかかわらずチューニングさえ合っていればピッチは正確ですが、歌はそうもいきません。

歌は人間が歌うので、発声が悪ければ狙ったピッチを出すことができず、ズレてるのに気づいてるけどたびたびズレてしまうことがあるんですね。

これがピッチが悪くなるもう1つの原因です。

この場合は、ボイトレして自分の思った通りに声をだす練習をしていく必要があります。

ボイトレ教室の選び方については、こちらをどうぞ。

【発声練習の効果】はボイトレ教室の「選び方」で何倍にも上がる!

音感を鍛える方法

音感を鍛える=耳を鍛えることなので、イヤトレ(イヤートレーニング)とも呼ばれたりしますが、イヤトレをすることで確実にピッチが良くなります。

ここで紹介するのは、以下の2つ。

・音当て

・移動ド

順番に紹介します。

音当てで音感を鍛える

ピアノを使い、まずは鍵盤を見ずに単音をランダムに鳴らして、それが何の音かを当てましょう。

それができたら、2個、3個とだんだん音の数を増やしていき、メロディに近づけていきます。

メロディを音名(ドレミなど)で聴き取れるようになれば、だいぶ音感が身につくので頑張りましょう。

便利な音感トレーニングアプリがあるので、それを活用しても良いです。

以下は僕のオススメアプリ。

ずっしーの移動ド音感トレーニングゲーム

iOS版

Android版

移動ドで音感を鍛える

大体ドレミファソラシドの感覚がわかったら、次はキーを変えてドレミファソラシドに当てはめる移動ドという練習をすると良いです。

例えばキーGなら、ソラシドレミファ♯と弾くと、ドレミファソラシドと弾いてるように聴こえます。

これを利用してソを「ド」だと思って、ラを鳴らしたらレというように頭の中で変換してください。

この練習は非常に効果的なので、ぜひ試してみてください!

ピッチを良くする方法

ピッチを良くするには、狙ったピッチを正確に声に出すことが必要です。

なので思い描いたピッチを、そのまま出せるようにするトレーニングをしましょう。

まず基準の音を決めて、その音を頼りに、他の音を狙って出します。

例えばドを弾きながら、ミを狙って声を出してみてください。

そのミが正しい音程になっているかどうかを、ミを弾いて確認します。

この際に録音しておき、あとで聴きなおすことで、音が合っているかが客観的に聴けるのでオススメです。

これをいろんなパターンで繰り返しやっていけば、ピッチも良くなるうえに、ハモりもできるようになります。

地道に練習してみてください。

まとめ

今回は、歌うときにピッチがズレる原因と対策練習法について説明しました。

実はピッチが悪い原因は、音感だけじゃないことがわかったと思います。

ピッチを最速で良くする方法は、音感と発声の両方の面を同時に鍛えることです。

発声のトレーニング法についてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください。

発声を訓練すれば声は変わる!よくある3つの悩みの原因と対策

タイトルとURLをコピーしました