ボーカルテクニック

個性やセンスがある歌い方を身につける方法は1つ【答え:完コピ】

アイキャッチ画像
こんにちは、トシハルです。

歌を練習していくと多くの人がぶつかる壁が個性がない、センスがない」と言われてしまう、又はそう感じてしまうことです。

「生まれつきだからしょうがない」と諦めてしまう人もいるでしょう。

しかし個性やセンスは生まれつきではなく、ある練習をするだけで磨くことができます。

その練習法とは、完コピです。

完コピを続けているうちに、個性やセンスが何かを知ることができ、自分の良さにも気づくことができました。

この記事では、個性やセンスがある歌い方を身につける方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

個性やセンスがある歌い方を身につける練習法

個性やセンスを身につける上で最も効果が高く、上達速度も速いおすすめの方法が完コピです。

これをするとモノマネになってしまい、個性が無くなると思う方もいるかもしれません。

しかし、10人の歌手を完コピ出来るようになったらどうでしょう?

プロの歌手の歌い回しが10通り身につくということです。

50人完コピすれば50通りです。

50通りの歌い方が出来るということは、それだけテクニックの引き出しができるということです。

それだけの人数のプロ歌手を完コピできる能力がつけば、その頃には相当な技術やセンスが身についています。

実際に僕も完コピをはじめてから、多くのテクニックを身につけることができました。

個性は完コピによって生まれる

ある有名な書道家の言葉が、個性を身につける上で非常に為になったので紹介します。

「お手本の字を、完璧に真似る。どれだけ似せようと練習しても真似出来ないところ、それが自分の個性だ」

なんかハッとさせられませんか?

これは芸術の分野では、ほぼ全てにおいて当てはまると思います。

人は今持っている知識のほとんどが、誰かから与えられたものです。

歌のセンスも個性も、人の歌を真似ることから始まります。

それでは完コピの重要性がわかったところで、練習方法を紹介します。

選曲の方法

まず自分の好きな歌手を決め、その中から自分が歌いやすい曲を選びます。

選曲の際に重要な点をいくつか。

  • テンポはゆっくりめ
  • キー設定は余裕をもって
  • なるべくソロの実力派歌手
  • 癖が強すぎない歌手

例えばB’z、ラルク等は癖が強いですよね。

これはモノマネになってしまう可能性大ですが、そういう歌い方をしたいのであれば、OKです。

曲を決めたらその歌詞を、全部ひらがなでノートに書く。

1文字の漢字はそのまま書いてもいいです。

行間の余白が多い方がいいので、1行書いたら間は2行ぐらい空けるのがベストです。

A4の大きいノートがおすすめ。

聴き取る

ワンフレーズごとに何回も再生して、その歌手がどう歌っているかを、かなり細かく聴き取ります。

具体的にどんな部分に気をつけて聴きとればいいか、解説します。

①ベンドを聴きとる

しゃくっていればその部分を歌詞ノートに書き込み、フォールしている部分も書き込みます。

例えばしゃくりは ノ←こんな記号を書けばわかりやすいです。

②ビブラートを聴きとる

ビブラートをかけている場所や、かけ方を聴きとりましょう。

スピードや間隔、波の大きさなどを1つ1つ書き込みましょう。

〰︎  ←この記号を使うと分かりやすいです。

③フェイクを聴き取る

フェイクをしていたらそれも聴きとって書きます。

聴き取るコツは、何回も聴いて1個1個の音を鍵盤で確認することです。

例えば上がって下がるフェイクなら Л←こんなイメージです。(パソコンにいい記号がみつかりませんでした。笑)

④ブレスポイントを聴きとる

息を吸っている場所を聴きとって、全て書き込みます。Vで書くことが多いです。

逆にブレスアピール(息を吐いて音を切ること)も同時に聴きとってみましょう。

⑤声を聴きとる

・ボリュームの大小

ウィスパーかそうでないか

・発声は浅めか深めか

・柔らかめか硬めか

どこでどんな声になっているかに注目して聴きとり、書き込みます。

⑥歌い回しを聴きとる

・アタック、アクセントの強弱

・ダイナミクスのつけ方

・フレーズイン、フレーズアウトの処理

・母音の開き具合

どこでどんな風に歌っているか注目して聴き取り、書き込みましょう。

どれだけ細かく聴きとれるかが重要です。

僕も聴きとる練習をやり始めてから、圧倒的に音楽的な耳が良くなり、微妙な声のニュアンスを聴きとることができるようになりました。

「歌う→録音を聴き返す」を繰り返す

以上のことを書き込んだら、歌入りの音源を流して一緒に歌い、ワンフレーズごとに録音します。

元の歌手と歌い回しがそっくりになるまで、「歌う→録音を聞く」をくり返してください。

声は似せなくても良いですが、歌い回しは完璧に似るまでくり返しましょう。

似てきたら歌が入ってないカラオケ音源で歌い、「その歌手が歌ってるように聴こえるまで歌う→録音を聞く」をくり返します。

カラオケ音源で歌ってみると、思ったより歌い回しがコピーできていないことがあります。

あまり似てなければ、もう一度歌入りの音源で練習しましょう。

以上が完コピの手順です。

今は下手でも落ち込まないで

自分はこんなに練習して頑張っているのに、全然練習してない他の人より上手く歌えない。

そんな劣等感から、最初は好きで始めた歌もいつの間にか苦痛になって、歌うことをやめてしまう人が周りにも何人かいました。

でもその人達は、練習の方法を知らなかったり、間違っていただけです。

正しい方法で練習を続けていれば、必ず歌は良くなります。

僕の通っている専門学校でも、入学当初は上手いとチヤホヤされてる学生が、2年になって抜かれてしまうことがよくあります。

チヤホヤされている人の下には、必ず努力している人がいます。

そのことを忘れず、日々の努力を怠らないようにしましょう。

努力に勝てるセンスはありません。

努力を続けられることこそが1番の才能だと思います。

諦めずに頑張りましょう!

まとめ

今回は、歌の個性やセンスを身につけるための方法を紹介しました。

生まれつき歌が上手くないから、歌うことを諦めるなんてことはしないで下さい。

練習次第でいくらでも個性やセンスを磨けます。

完コピを毎日やれば、技術的にも身につくものがたくさんありますので、日々の練習にぜひ取り入れてみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました