弾き語りと音楽理論

弾き語り初心者がキーボードを買う時の選び方【オススメも紹介】

アイキャッチ画像
こんにちは、トシハルです。

ピアノの弾き語りってカッコいいですよね!特にバラードなんか、ピアノを弾きながら歌ったら最高です。

でもピアノを買って練習してみたいけど、なかなか買う勇気が無い人も多いと思います。

僕がまさにそうでした。ピアノ欲しい〜ってずっと言ってたのに、いざ買うとなると迷って、結局買わないみたいな(笑)

結果的には買って大正解だったのですが、後から「こういうの買っておけば良かったな〜」と後悔することもありました。

そこでこの記事では、僕が買うときに参考にしたことや今まで弾いてきた経験をもとに、「弾き語り初心者がピアノ(キーボード)を買う時の選び方」を紹介します。

スポンサーリンク

ピアノの種類

ピアノ(キーボード)と言っても、いくつかの種類に分かれていて、機能も音も値段もそれぞれ違います。

とりあえず演奏する機会が無さそうなものは省き、代表的なものだけを紹介します。

グランドピアノ

ピアノと聞いて、みんなが1番最初に思い浮かべるのがこれです。

ピアノとは本来この楽器のことを指しています。

学校に置いてある黒くて大きいピアノは大体グランドピアノです。

音の強弱の幅が広く、細かなニュアンスを出すことができます。

キーボードのような機能は何も付いていませんが、最大限ピアノという楽器の良い音を出す&良い演奏をするために考えて作られています。

本気でクラシックピアノを演奏する人向けです。もしくはお金持ちの人向け。笑

ピアノの音はこれが本物なので、グランドピアノの音をレコーディングして、いろんな音源に使われています。(電子キーボード、DTM用のソフト音源等)

アップライトピアノ

グランドピアノを少し小さくしたもので、値段も安くなっています。

より家庭に置きやすくなったモデルといえるでしょう。

その分構造もグランドピアノと異なっており、ほぼ全ての面でグランドピアノには劣ります。

グランドピアノは置けないけど、本格的にクラシックを弾きたい人なんかにオススメです。

電子ピアノ(キーボード)

電子ピアノとは電源を必要とするピアノで、乾電池で動くものもあります。

キーボードとも呼ばれていますが、キーボード=鍵盤って意味なので、基準は曖昧(笑)

サイズが鍵盤の数で分かれていたり、値段も安いものからそれなりに高いものまでさまざまです。

最大の特徴は「録音した音を再生している点」で、内蔵されてるいろんな楽器音に変えることができたり、メトロノームを鳴らしたりできます。

あとはヘッドホンを使えば、夜中でも騒音を気にすることなく練習できるので、仕事帰りに練習する人はとても便利ですね。

ただし、アップライトよりもいろんな面で劣り、クラシックを演奏したい人には不向きです。

そして安いものは値段相応の、いかにも電子音って感じがします(笑)

初心者は電子ピアノで良い

代表的なピアノを紹介しましたが、弾き語りをしたい初心者なら買うのは電子ピアノでOKです。

もちろんアップライトピアノやグランドピアノに触れといた方が良いですが、値段も高いし置き場所がない人がほとんどだと思います。

普通のアパートに一人暮らしの学生がアップライトピアノを置くのはほぼ不可能です。笑

それに無理して高いのを買って、途中で飽きてしまったらお金の無駄ですしね。

どんな電子ピアノが良いか

とりあえずちゃんと88鍵盤あるピアノを買いましょう。

僕は最初「クラシックは弾かないからそんなに鍵盤数いらないだろう」と思って、61鍵盤の2万円ぐらいの電子ピアノを買いました。

しかしだんだんピアノが上達してくると、61鍵盤では足りなくなってきます。鳴らしたい音が足りないのはけっこうストレス(笑)

次に、弾き語りをしたいシンガーの方なら、なるべくグランドピアノに近いタッチ感の電子ピアノが良いです。

安い価格帯の電子ピアノは鍵盤のタッチが軽く、全く力を入れなくても弾けますが、本物のピアノはタッチが重いので慣れないと弾けません。

アコースティック系のピアノ弾き語りライブをしたいなら、必ずグランドピアノやアップライトピアノを弾くことになるので、そういう意味でもタッチ感は重要です。

あんまり本物っぽさを求めると値段が高額になってしまうので、初めは3〜5万円ぐらいの価格帯のを買えば全く問題ないと思います。

お金に余裕のある方は、もっと高いのを買ってもいいですよ(笑)

初心者にオススメのピアノを3つだけ紹介しておきます。

1つめは、ピアノといえば定番のヤマハですね。

このピアノは、初心者の入門編としてじゅうぶんなスペックを持っていて、お値段も安いです。

機能が非常にシンプルなので、できることは限られますが、初心者には逆にそれが良い点でもあります。

機能が多すぎると、使いこなせなかったり、いろんな機能に気が散って集中できないからです。

ちなみに僕もYAMAHAを買いましたし、専門学校でもYAMAHAが1番多く置いてありましたね。

2つめはKORGの初心者向けピアノです。

これも値段はお手頃ですが、スペックも問題なし。しかも購入者にはピアノ練習に使えるアプリが使えたりするサービスもあります。

ただこういうサービスは、使ってみたら機能がイマイチだった…ということもよくあるので、オマケ程度に考えておいたほうが良いでしょう。

他にもMIDI(作曲に使う音声入力機能)やDAWアプリも使えるので、普通に練習する以外にもたくさんオマケが欲しい人はこちらですね。

ちなみにB2,B2N,B2SPという型番がありますが、それぞれ仕様が少し違うので、B2のベーシックタイプを選びましょう。

3つめはCASIOの電子ピアノです。

これも先ほどの2つ同様、初心者にはちょうどいい価格のピアノで、作りもしっかりしています。

シンプルですが、タッチ感もやや重めで、練習には最適です。

その他の必要な付属品

電子ピアノを買う場合は、種類によっては付属で買わなければないけないものがいくつかあるので、紹介します。

サステイン(ダンパー)ペダル

サステインペダルとは、足で踏むと音が伸び、離すと音が消えるペダルのことです。

弾き語りをするなら、というかピアノを弾くなら必須なので、付属してない場合は買いましょう。ほとんどの場合はついてると思いますが、安いピアノだとついてなかったりします。

僕はピアノと別メーカーの2千円ぐらいのペダルを買いました。

買うときに注意するのは裏の形状が重要で、すべり止めがしっかりしてないと踏んでいるうちにどんどん前にいってしまいます。

ライブとかならガムテープなどで固定できますが、家でそれをやるのはなんか嫌ですよね。

あとはメーカーが違うと極性が違う場合があり、ペダルの効果が真逆になってしまうことがあります。(踏んだら消えて、踏まないと伸びる)

でもペダル自体に極性を入れ替えるスイッチがついていたり、踏みながら電源を入れ直すなどの対処法もあるので、そんなに気にしなくても大丈夫です。

キーボードスタンド、イス

キーボードスタンドは鍵盤を載せるもので、イスに座って弾くために必要です。

スタンドはそのピアノに対応しているスタンドを選んだほうが良いと思います。

ちなみにこういうやつです。

イスは自分の好みで選んでかまいませんが、必ず高さを調節できるものにしましょう。

一般的には、鍵盤に手を置いたときに鍵盤と肘(ひじ)が平行になるように、イスの高さを調節すると良いと言われています。

これは5000円ぐらいしますが、座る部分が厚めなので、2000〜3000円のイスに比べれば疲れにくいのでオススメ。

値段が高いほど座り心地は良いので、長時間座ってもお尻が痛くなりづらいです。お財布と相談してみてください。

まとめ

今回は、弾き語り初心者がピアノ(キーボード)を買う時の選び方を紹介しました。

初めはピアノについて何も知識がなく、弾いてみたいけどなかなか買えずにいる方も多いと思います。

しかし、この記事を読めばピアノの選び方や必要なものがわかると思います。

練習のためにピアノを買おうと思ってる人は、ぜひ参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました