集客・マーケティング

歌で食べていく夢があるなら、今すぐライブ活動を減らすべき理由3選

アイキャッチ画像
こんにちは、トシハルです。

音楽の収入だけで生活していくことは、歌い手にとっては1つの大きな目標とも言えます。

おそらくほとんどの方は、バイトの収入で活動費を稼ぎ、毎月ライブを行ってファンを増やしていこうとしているのではないでしょうか。

しかしそれでは、音楽だけで生活できる可能性が低くなり、逆に収入を増やすチャンスを失ってしまうかもしれません。

そこでこの記事では、歌で食べていく夢があるなら、今すぐライブ活動を減らすべき理由3選について解説します。

スポンサーリンク

ライブ活動を減らすべき理由3選

歌で食べていく夢があるなら、今すぐライブ活動を減らすべきです。

その理由は以下の3つ。

・毎月ライブは飽きられる

・クオリティを上げづらい

・経済的に苦しくなる

順番に解説します。

毎月ライブは飽きられる

月○回ライブやってます!とか、毎月やってます!みたいに音楽活動バリバリやってるアピールをしてる人いますよね。

今の僕がそれを聞いたら、「あ〜やっちゃってるな」と思います。笑

メジャーアーティストの例で考えましょう。

例えばEXILEは、大体1年に1回ツアーをやります。全国をまわりますが、どの会場も満員です。

でもEXILEのライブは、2〜3ヶ月の間に約15〜25公演、各地では2〜3回だけです。

毎月同じような場所でライブをしている人からすれば、かなり少ないように感じますよね。

少ないからこそ価値がある

しかしファンの人達は、どんな心境だと思いますか?

その日が待ち遠しくて仕方なく、グッズを前もって買ったりして、当日は憧れのアーティストに会えて最高に楽しいと思います。

そしてライブが終わると寂しい気持ちがありつつ、また来年も見たくなりますよね。

この気持ちが全てを物語っています。

つまり年に数回しか見るチャンスがないからこそ、その1回のライブをとても貴重に思ってくれるんですね。

しかし毎月ライブをやってると、「いつでもライブを見れる人と思われてしまい、1回のライブの価値が下がってしまいます。

そうするとお客さんに飽きられてしまうんですね。

なので、毎月ライブをするのはやめておきましょう。

ちなみに全国ツアーなどで場所が毎回違う場合は、毎月でも大丈夫です。

クオリティを上げづらい

歌を上達させるために必要なことは

①本番

②本番後に録画を見て反省点を探す

③課題をクリアできるように練習

の繰り返しの作業です。

しかし、毎月ライブをしている人達は②と③の時間が短いため、課題をクリアできるほどの練習ができません。

さらに、歌える曲を増やす時間が無いために毎回似たようなセットリストになります。

結果として、同じようなクオリティのライブを繰り返すことにつながってしまうんですね。

そうなると上達も遅くなるし、お客さんも離れていってしまうので、毎月のライブはやめたほうがいいでしょう。

ちなみに、ライブをたくさんやることで場慣れは確かにします。

でもそれは歌が上手くなるわけでは無いので、間違えないようにしてください。

経済的に苦しくなる

これはライブでお客さんを呼べない赤字の人だけに限りますが、毎月ライブをやると出費がきついです。

例えば出演時間15〜30分で、チケット代2000円ノルマ10人のブッキングライブに出るとしましょう。

初めの頃は友達が付き合いで来てくれたりしますが、毎月やってるとそのうち飽きられて、だんだんお客さんが減ります。

すると1回のライブで呼べたとしても2〜3人、毎月2万近くの出費を支払うことになってしまいます。

これではモチベーションもお金も持ちませんよね。

毎回お客さん集めに時間を取られるのももったいないです。

なので毎月のライブは、経済状況を悪化させてしまうので、やめましょう。

ライブの間隔は3ヶ月に1回が最適

毎月のライブにデメリットが多いことはわかったと思います。

では、ライブの最適な間隔はというと、3ヶ月に1回です。

3ヶ月というのは、課題をクリアするための練習期間、新たに技術を身につけるための目標期間として最適です。

それより短いと早すぎるし、長いと気持ちがダラけてしまいます。

お客さんが飽きず、自分も成長しながらモチベーションを維持できるちょうどいい期間だと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、歌で食べていく夢があるなら、今すぐライブ活動を減らすべき理由について説明しました。

毎月頑張ってライブを行っている人が多いですね。

しかし頑張るほどお客さんは離れて行き、お金も無くなり、成長も遅くなります。

この記事を参考に、これからの音楽活動の仕方を考えてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました