ライブ・オーディションのヒント

優しい歌い方には落とし穴がある【優しいだけの男は飽きられます】

アイキャッチ画像
こんにちは、トシハルです。

優しい歌声って癒されますよね。

あのウィスパーな感じが聴いてるだけでリラックスして、ずっと聴きたくなります。

でも優しい歌い方には落とし穴があります。

これは歌を始めたばかりの人に多い失敗です。

僕もそこに気がつくまでは、優しい声の人のCDや映像を見て、真似して歌ったりしていました。

しかし、専門学校に入って優しい歌の見方が変わりました。単純にCDや映像だけではわからない部分がたくさんあります

そこがけっこう重要かつ、落とし穴でもあるポイントです。

この記事では、優しいだけの男は飽きられる⁉︎優しい歌い方の落とし穴について解説します。

スポンサーリンク

そこまで小さな声で歌ってない

一見小さく優しく歌っているようにみえる歌手でも、実際はそこまで小さな声になっていないことがよくあります。

というのも、レコーディングでは声だけで表現をしなければいけないので、よりオーバーに弱々しく歌うことが求められるんですね。

普段よりも小さなウィスパーボイスで歌い、それがCDとなるのでリスナーはその歌声を聴いていることになります。

だから、本当の声はそこまで小さくなかったりすることがほとんどです。

それを真似してしまうと、ライブやオーディションでも聴こえないぐらいの小さな声で歌ってしまい、失敗します。

たとえウィスパーボイスを使うとしても、最低限の声量は保っておくべきです。

これを徹底しておけば、人前で歌うときでも何を言っているかわからない状態を防ぐことができます。

子音が弱くなる

優しい歌のよくある落とし穴が、優しさを意識しすぎて子音が弱くなってしまうことです。

僕の好きなEXILEのATSUSHIさんや秦基博さんは、すごく優しい声をしています。

でもよく聴いてみると、しっかり子音を強く発音しているのがわかると思います。(k、s、tなどの無声子音は特に)

子音が強く発音されていることを子音がたつ、と表現しますが、子音がたっていると歌がカッコよく聴こえるんですね。

優しい歌の中にも、強く発音する部分があることでメリハリがつき、聴いている人を飽きさせない歌い方ができます。

弱すぎる発音にならないよう、注意しましょう。

アクセントが弱い、無い

もう1つ優しく歌おうとするとありがちなのが、アクセントが弱くなってしまう、または無くなってしまうことです。

アクセントが無くなると歌が一本調子になり、またグルーヴも出ないので、歌にノリがなくなります。

例えば久保田利伸さんは、優しい曲調でも子音もたってるし、アクセントもあるのでグルーヴがバッチリ出ています。

たとえ優しい歌でも、聴かせるためには柔らかい中にもしっかりアクセントを入れることが大切です。

優しいだけの男は飽きる

というタイトルにしましたが、もちろん歌に関しては男だけではないのでご注意を。笑

何となくこの決まり文句はよく聞くのでね。こわいこわい。

それはさておき、歌のなかで優しい一辺倒の歌は飽きます。

優しい中にも情熱的に張り上げる部分があったり、リズムをたてたりするところがあってこそ、メリハリがついて良い歌になります。

ほんとに恋愛と同じですが、優しいだけの男は良い人止まりです。

優しい中にも強さがあったり、面白さや多少の強引さがあると異性としてみてもらいやすくなります。

僕は、鬼嫁よりは優しい女性のほうがいいな〜。(歌関係ない)

まとめ

今回は、優しいだけの男は飽きられる⁉︎優しい歌い方の落とし穴を説明しました。

歌手の歌をCDや映像で聴くと、なんとなく小さく優しい声で歌っているように聴こえます。

しかしそこが落とし穴で、小さいようで実は共鳴やアクセントなどをしっかりつけています。

ライブやオーディションでは、小さすぎる声や発音では聴こえないことが多いので、自分の歌を客観的によく聴きましょう。

ぜひ試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました