ライブ・オーディションのヒント

歌の才能は何で決まるのか?という話【歌のうまさに才能は関係ない】

アイキャッチ画像
こんにちは、トシハルです。

歌が飛びぬけて上手い人って憧れますよね。プロのアーティスト見てると、才能のかたまりのように思えます。

そんな上手い人と自分を比べると「自分は歌の才能が無いな〜」と落ち込んでしまいませんか?

僕もプロの歌手や、同じ専門学校の上手い人と比べて技術もあまりないし、もともとの声質や才能で劣っているように感じたこともありました。

しかし実は、現時点での歌のうまさと才能は、あまり関係がないことがわかったんです。

この記事では、歌の才能は何で決まるのか?ということについて、お話します。

スポンサーリンク

歌の才能は何で決まるのか?

歌の才能とは何で決まると思いますか?

おそらく発声やリズム感、個性などをイメージする人が多いですよね。

しかし僕の思う才能とは、以下の2つです。

・上達速度が早い

・限界値が高い

順番に解説します。

上達速度が早い

上達速度が早いのは、才能です。

例えば歌で言うなら、最初からピッチ(音感)やリズムが完璧な人はいないし、発声が超上手い人もいません。

でも練習していくうちに、かなりの早さで上達していく人はいますよね。

「3日でビブラート習得しました!」とか「歌ってたら音域が広がり、ピッチも良くなった!」みたいな人。

こういう人は才能があるから生まれつき上手いのではなく、上達するのが早いから人よりも先に上手くなるんです。

なので「人よりも早く上達するな〜」と思ったら、それは才能なので自信を持っていいですよ!

ちなみに生まれつき飛び抜けて上手い人はいますが、その人のことは天才と呼びます。

限界値が高い

限界値が高いというのも、才能の1つです。

スポーツの世界に関してはこれが顕著に出て、タイムや飛距離を競う競技なら、生まれ持った筋肉の質で限界値が変わります。

今の日本人がどれだけ練習しても、ウサインボルトより速く走れるようにはなりませんよね。なぜかというと、日本人は生まれつき速筋という瞬発系の筋肉の割合が少ないから。

こういうのは、自分でどうすることもできないので才能ですよね。

歌で言えば、魔笛というオペラの「夜の女王のアリア」という曲は、音域が高いうえに難しすぎて、歌いこなせるのは世界で数人しかいないと言われています。

音域は生まれつきの声帯のサイズや声帯靭帯の硬さによって決まるので、高音の限界値が高いのも才能ですね。

このことから、成長速度も才能ですが、限界値が高いこともまた才能であることがわかります。

しかし音楽に関しては、限界値が高いだけが良いものとは言えないのが面白いところですね!

歌のうまさに才能は関係ない

ここまでで才能とは何かについて説明しましたが、これがわかれば「歌のうまさは才能と関係ない」ことがわかると思います。

それを証明するため、歌が上手い人の特徴を全部書きだしてみましょう。

・ピッチ・リズムが良い
・声質が良い
・発声が上手い
・声量がある
・抑揚がついている
・アクセントがついててメリハリがある
・ハモリが上手い
・ビブラートが上手い
・息の使い方が上手い

こんなものでしょうか。

これらの要素を見てピンときた方もいますかね?

そうなんです、じつは全部練習で上達させることが可能なんです。

プロの歌手は、これらの技術を全て高いレベルで使うことができるから、歌が上手いと感じるんですね。

もちろんそのためには相当な努力を重ねているので、簡単に才能とか言うと実はめっちゃ失礼なんです!

たしかに自分が10年かけて身につけた技術を、何も知らない他人が
「才能あっていいね〜」とか言ってたらイラッとしますよね。笑

期限付きは才能ある人が強い

でもやっぱり物事に向き不向きはあって、期限付きとなると才能ある人は強いです。

例えば中学・高校の部活なんかは、才能ある人が圧倒的に有利になります。

部活は3年間という短い時間の中で、レギュラー争いや大会で勝ち上がっていかなければなりません。

そうなると、限られた時間の中でどんどん成長していく人のほうが強いですよね。

歌でいえばメジャーデビューを目指してる人は、成長が遅いといわゆる「賞味期限切れ」になってしまう場合があります。

同じ実力なら若い人のほうが人気がありますし、未来もありますからね。

ジャニーズなんか、ジュニア時代に入れなければチャンスはないので、めっちゃ期限短いです。

なのでデビューに関しては、才能ある人がどうしても有利になってしまいますね。

ただし歌はデビューが全てではないし、歌で食べていくだけなら30代からでも可能です。

才能のせいにしてあきらめるより、「才能がないならどうするか」を考えていった方が、幸せな生き方ができそうですよね!

まとめ

今回は、歌の才能は何で決まるのか?ということについて、お話しました。

音楽の場合は、努力をすれば確実に上手くなります。

才能がなくたって歌を上手くすることはできるので、日々の努力を積み重ねていくことが大事ですね!

ちなみに努力次第で才能に勝つことだって可能です。

その方法についてはこちらの記事で解説しているので、合わせて読んでみてください。

歌手としての才能やセンスに、努力が勝つ方法【ヒント:正しい努力】

タイトルとURLをコピーしました